スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twltrus v0.5.2

さて,今回のTwltrusの変更点は以下のとおりです.

・ TimeLineのツイートクリックしたときの動作の変更
・ 5MB以上の画像は圧縮して投稿するようにした
・ Trend Mute機能の廃止
・ Block User Muteは起動時に勝手にやるようにした
・ Profileページの高速化
・ 一部UIの調整

APKはいつもどおりWebページからDLをお願いします.
http://yuzumone.github.io/Twltrus_for_twitter/


ツイートクリックしたときの動作の変更


クリックしたときの動作をv0.5.0以前のものに戻しました.
そもそもv0.5.0で動作の変更を行ったのはUserStreamで動的にListの中身が変わる中でViewの管理をすることは難しかったためでした.
どこが難しいかというとArrayAdapterでは新しいObjectをinsertした時にnotifydatasetchanged()を呼ぶことによってObserverに通知する必要があります.
このnotifydatasetchanged()によってすべてのViewが更新されます.
つまりアニメーションをしているViewでも更新されますし,insertされることでViewがずれます.
そのためにツイートをクリックしてボタンのViewをVisibleしているViewの管理をするのがめんどくさい感じでした.
v0.5.2ではListViewからRecyclerViewに変更することで対応しました.
RecyclerViewはDividerを自分で実装する必要があったり,ClickListenerの実装がいまいち定まらなかったりということがありますが,このようにViewにAnimationが~~という時は便利なViewです.
またRecyclerViewではnotifyItemInserted(int position)という指定したpositionに新しいObjectが挿入されたことを通知する便利なメソッドがあり,これによってinsertされたViewのみが更新されるのでViewの管理がしやすいです.

ということで今度からはこんな感じで実装部分についてもメモを書いていけたらいいなーという感じで.




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。